公立大学法人 山梨県立大学 Now Loading

国際政策学部学生が信玄公祭りで郷土料理“みみ”を販売します

2019.04.04

国際政策学部学生が信玄公祭りで郷土料理“みみ”を販売します

  • 今年の「信玄公祭り(4月5~7日)」では、地方創生やまちづくりについて学んでいる山梨県立大学国際政策学部・杉山研究室および拓殖大学国際学部・徳永研究室の両ゼミ生が合同で富士川町(十谷地区)の郷土料理“みみ”の出店を信玄グルメ横丁(かすがも~る・パラカ駐車場)に出します。
  • 両大学は山梨総合研究所と3者による「山梨の活性化に関する包括協定」を、2017年11月7日に締結しており、本活動はその一環となります。(山梨地域の活性化包括連携に関する協定を締結しました(2017年11月7日))
    http://www.yamanashi-ken.ac.jp/news/21658.html
  • 両研究室は、2018年12月23日もクラウドファンディングを活用し、富士川町高下(たかおり)地区において、冬至の頃に同地区から見られる“ダイヤモンド富士”を見に来た観光客などの来訪者に“みみ”を振る舞うなどの活動を行っています。(「ダイヤモンド富士を見る人々へ、郷土料理「みみ」を振る舞いたい!」 国際学部徳永ゼミがクラウドファンディングを開始!(2018年12月07日))
    https://fis.takushoku-u.ac.jp/news/20181207-04.html
    https://faavo.jp/yamanashi/project/3371#pj-single-nav
  • “みみ”は、歯触りもよく、味噌仕立てのカボチャなどの野菜で煮込んだ美味しい富士川町(十谷地区)の伝統的な郷土料理ですが、山梨県内でもまだあまり周知されていません。そこでこの機会に信玄公祭りに訪れる多くの人たちに楽しんでもらいたいと出店することになりました。
  • 当日は、同両研究室の学生約15名が参加し、“みみ”の販売をする他、富士川町を舞台として、本活動に協力している県立増穂商業の生徒も参加予定です。
  • 地域活性化を目指し、本企画は富士川町や同町商工会議所との全面的協力も得て盛り上がりを見せております。信玄公祭り当日は是非お越し下さい。

HOME

TOP PAGE English site 中文网站
アクセス お問合せ 検索