公立大学法人 山梨県立大学 Now Loading
  • HOME
  • ニュース
  • 地域の皆さま
  • 第1回「STI for SDGs」アワード「文部科学大臣賞」を国際政策学部杉山歩准教授らの取り組みが受賞

第1回「STI for SDGs」アワード「文部科学大臣賞」を国際政策学部杉山歩准教授らの取り組みが受賞

2019.11.04

本学国際政策学部の杉山歩准教授、増田貴史講師(北陸先端大)による取り組みが、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が実施した第1回「STI for SDGs」アワード※1で最優秀賞となる「文部科学大臣賞」を受賞しました。山梨県立大学は今後もSDGsに資する取り組みを推進して参ります。

*1 STI for SDGsアワードとは
科学技術イノベーション(Science, Technology and Innovation: STI)を用いて社会課題を解決する優れた取り組みを表彰する制度です。当該取り組みのさらなる発展や同様の社会課題を抱える地域への水平展開を促し、もって持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献することを目的としています。詳しくは下記リンクをご覧下さい。
https://www.jst.go.jp/sis/co-creation/sdgs-award/

■受賞年月日
令和元年10月31日

■受賞した取組(詳細はリンク先参照)
取り組み名:染色排水の無害化を切り拓く最先端の草木染め
<受賞理由>
本取り組みは選考委員会において、150年続く化学染料に基づく染色文化・産業を実用性の高い天然染料への移行により、水質汚染の制約から解放する、という新たな潮流を生み出している革新性、独創性、展開性が高く評価された。また、天然染料への移行による染色排水の無害化が環境問題の解決に貢献するだけでなく、草木染めという伝統産業の復活・拡張や地元農家との協力など、新たな地域共創の枠組み創出が伝統文化や農業の衰退という地域の社会課題の解決、ひいてはSDGsの目標6、7、8、12、13、15など複数の目標達成につながる活動として、文部科学大臣賞にふさわしいと判断した。

なお、表彰式は以下のとおり行われ、同時に本取り組み概要の紹介(ピッチトーク)、パネルディスカッションおよびブース展示も行われます(リンク先)。

<「STI for SDGs」アワード表彰式>
日時:令和元年11月15日(金)11時30分~12時00分
会場:日本科学未来館 7階未来館ホール(東京都江東区青海2−3−6)

<STI for SDGs~地域の社会課題の解決に向けたピッチトーク~>
日時:令和元年11月17日(日)14時45分~16時15分
会場:テレコムセンタービル 1階アゴラステージ(東京都江東区青海2−5−10)

<科学技術イノベーションによる地域の社会課題の解決に向けた取組事例の紹介>
日時:令和元年11月16日(土)、17日(日)10時00分~16時00分
会場:テレコムセンタービル 5階ブース

HOME

TOP PAGE English site 中文网站
アクセス お問合せ 検索