公立大学法人 山梨県立大学 Now Loading

第4期やまなし市民後見人養成基礎講座を開催しました

2018.02.15

 

市民後見人とは

成年後見制度は、認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が十分でない方を法律的に保護し、支援するための大切な制度です。

成年後見制度による後見人は、弁護士・司法書士などの専門職や親族でなくてもなることができます。いま、後見人の役割を地域で担うものとして注目されているのが「市民後見人」です。

 第4期やまなし市民後見人養成基礎講座の開催

本学では、平成26年度から「やまなし市民後見人養成講座」を開催してきました。

平成29年度は、山梨県からの委託を受け「第4期やまなし市民後見人養成基礎講座」として、計6回の講座を開催し、34人に修了証を交付いたしました。

地域の住民や専門職の方など大勢の参加をいただき、市民後見活動を実際にされている方からより具体的な仕事のイメージを習得していただきました。

IMG_3528IMG_3549

 

HOME

TOP PAGE English site 中文网站
アクセス お問合せ 検索