公立大学法人 山梨県立大学 Now Loading

理事長あいさつ

理事長・学長 清水一彦

理事長・学長 清水一彦

現在わが国の大学は様々な問題や課題が山積し、社会の変化に対応した改革が求められています。先ずは、変化する社会において、大学の理念と目的に基づいた大学像「グローカルな知の拠点となる大学、未来の実践的担い手を育てる大学、地域に開かれ地域と向き合う大学」を模索し、学生及び教職員が未来志向で「希望が持て、人を大切にする」大学の実現を目指したいと思います。と同時に、2020年のオリンピック・パラリンピック誘致においてスポーツが政治を変えたように、これからの時代では大学が社会を変えたり、企業や産業を変えたりする積極的な役割を担うべきであると考えています。こうした観点に立ちながら、次のような大学の機能に応じた戦略目標を掲げたいと思います。

  1. 教育面においては、学生の視点に立った質の高い教育を実践します。
  2. 研究面においては、研究者のモチベーションとオリジナリティを発揮させる環境を形成します。
  3. 地域貢献においては、地域に根ざし、地域と共に歩む大学づくりを実践します。
  4. 国際面においては、国際的通用性・信頼性をもった国際交流事業を推進します。
  5. 管理・運営面においては、透明性、公平性の貫徹した大学運営を実行します。

山紫水明の自然環境に恵まれ、桃、ぶどう、すももをはじめ、日照時間、貴金属製品出荷額、障害者を対象としたボランティア活動の行動者率(年間)、老人福祉センター数(65歳以上人口10万人当たり)も日本一の県です。最近では、健康寿命が男女とも日本一に輝いたところでもあります。こうした豊かな自然環境、豊かな産業、豊かな社会生活を営める県の中央(甲府市)に位置する大学であります。
学内においても、安心・安全はもとより、安定した快適な環境づくりに徹しながら、真に分かりあえる大学づくりの重要性を共通に認識し、学生及び教職員との日常的かつ積極的な対話を通じて、その在り方を検討し、納得のいく方法で上記の目標を実現していきたいと考えます。

理事長・学長 清水一彦

学長・役員等メニュー学長・役員等

HOME

TOP PAGE English site 中文网站
アクセス お問合せ 検索