公立大学法人 山梨県立大学 Now Loading

学部長あいさつ

看護学部 学部長 名取初美

山梨県立大学看護学部は、昭和28年の山梨県立高等看護学院の設立に始まり、平成7年山梨県立看護短期大学、平成10年山梨県立看護大学、そして平成17年4月に山梨県立大学看護学部となり現在に至る長い歴史をもっています。

本学部では、人間や社会を看護学の視点から探究する能力、科学的な思考力と倫理的な判断力、専門職業人としての豊かな人間性を兼ね備え、優れた看護実践により地域に貢献できる人材育成を目指しています。そのための4年間のカリキュラムは、教養科目や実践支持科目を基盤として専門科目へと拡大し積み上げながら知識・技術を統合させる内容となっています。また4年間の中で看護師国家試験受験資格のほかに、選択制により保健師や助産師の国家試験受験資格、養護教諭一種免許状のいずれかが取得できます。本学を巣立った卒業生は、看護の専門職業人として、また教育者・研究者として県内外で活躍しています。

一方では学生の学修や就職の相談等のために、1年生から4年生の約40人を複数の教員が担当するチューター制をとっており、きめ細かな支援を行っています。

教職員共に、学生の学士力としての教養を高める力、自己学修力、探究する力、援助関係形成力、思考・判断力、看護実践力、連携し協働する力、変革を志向する力の育成に、全力で取り組んでいきたいと考えています。

 

HOME

TOP PAGE English site 中文网站
アクセス お問合せ 検索