公立大学法人 山梨県立大学 Now Loading

学部長あいさつ

看護学部 学部長あいさつ

看護学部長 流石 ゆり子

 看護学部は、前身校である山梨県立高等看護学院、山梨県立看護短期大学等での教育を引き継ぎ、平成10年4月に山梨県立看護大学としてスタートし、平成17年4月には山梨県立大学看護学部に改組し現在に至っております。  

 医療の進歩、超高齢社会の到来など、わが国の保健・医療・福祉を取り巻く環境の変化に伴い看護の分野でも高度・専門化が進み、これらに対応できる高度専門職業人の育成が強く求められています。
 本学部の学位授与の方針<ディプロマポリシー>は、看護専門職業人としての豊かな人間性と教養を備え、保健・医療・福祉のあらゆる分野に貢献しうる基礎的能力を備えた学生の育成です。学部では、これらを具現化し学生の看護実践能力を高めるための一方法論として、平成23年度から臨地の実習指導者を「臨床講師」として任命し、大学教員と臨地の指導者が協働し、学生の実習指導体制のさらなる充実に向けた取り組みを行っております。

 本学部のカリキュラムは、入学直後の教養科目や実践支持科目群を基盤に、次第に専門科目群へと拡大させた教育内容の積み上げと統合により、卒業時により専門性が高められるようなカリキュラム構築の工夫がされています。
 また、これらの教育目的を達成するため、学生の生活・学業上の諸問題を解決し、安心して学び続けられるよう、1年次から4年次まで40名程の学生を数名の教員が担当・支援するという「チューター制」をとっています。この「チューター制」で培われた学生同士、学生と教員相互の強い絆は社会人になって以後も様々な形で継続しています。これが本学部の特徴であると思います。

HOME

TOP PAGE English site 中文网站
アクセス お問合せ 検索