公立大学法人 山梨県立大学 Now Loading

学部長あいさつ

看護学部 村松 照美

看護学部は、前身校である山梨県立高等看護学院が昭和28年に発足し、山梨県立看護短期大学へと教育理念は引き継がれ、さらに平成10年4月山梨県立看護大学としてスタートし、平成17年4月に山梨県立大学看護学部として現在に至っております。

我が国において世界に例のない超高齢社会の到来など、人々を取り巻く環境の変化に伴い看護の分野でも高度・専門化が進み、これらに対応できる高度専門職業人の育成が強く求められています。本学部の学位授与の方針<ディプロマ・ポリシー>は、看護専門職業人としての豊かな人間性と教養を備え、保健・医療・福祉のあらゆる分野に貢献しうる学士専門力を備えた学生の育成としています。

カリキュラムは、入学直後の教養科目や実践支持科目群を基盤に、次第に専門科目群へと拡大させた教育内容の積み上げと統合により、地域に貢献できる看護実践能力を身につけられるように工夫されています。また特色ある4つ(看護師、保健師、助産師、養護教諭一種免許状)の教育課程も設置されています。このような教育実践を可能とするために、大学教員と臨地の指導者が協働し、学生の実習指導体制の充実に向けた取り組みも行っております。

そして学生が安心して学び続けられるよう、1年次から4年次までの40名程を1グループとして、数名の教員が担当・支援するという「チューター制」をとっています。この「チューター制」で培われた学生同士、特に先輩と後輩、学生と教員の強い絆は、社会人になって以後も様々な形で継続し、相互の大きな支えとなっています。

長い歴史の中で先輩諸氏から引き継いだ看護への夢と希望を、次の世代に受け継がれるよう学生と教職員と共に看護学部を更に発展させていきたいと考えています。

HOME

TOP PAGE English site 中文网站
アクセス お問合せ 検索