公立大学法人 山梨県立大学 Now Loading

3つの方針(入学者受入方針、教育課程編成・実施方針、学位授与方針)

入学者受入方針(アドミッションポリシー)

本学部の学位授与方針及び教育課程編成方針・実施方針を踏まえ、入学者選抜の方針を次のように定めます。

<入学前能力>
国際政策学部は、ローカルならびにグローバルな視点を携え、みずからの問題意識を社会との関係において育み、問題の発見や提起を含めた一連の問題解決に挑もうとする人間を求めています。そのため、以下の3点で入学前能力を評価します。
【知識】知識をその文脈を含めて理解し、知識同士を関係づけている。
【思考】みずからの知識に基づき、またそれを捉え直しながら、新たな事柄を推論し、その過程を表現している。
【実践】多様性を尊重しながら他者と対話し、創造的な問題解決に主体的に挑もうとしている。

<入学後能力>
入学前能力をさらに伸ばし教育目標に定められた資質能力を身に付けることができること。

<評価方法>
入学者選抜においては、多様な人材を選抜するため一般選抜・学校推薦型選抜・特別選抜(海外帰国生選抜・社会人選抜・外国人留学生選抜)・3年次編入学を実施する。各選抜においては知識・思考・実践を測定するために、学力試験、出願書類、小論文、面接によって評価する。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

【総合性に関する方針】
「行動する国際人」の育成を行うため、地域マネジメントコース、国際関係・観光メディアコース、国際コミュニケーションコースの3コースを設置し、それぞれのコース目的に即した科目を配置する。

【順次性に関する方針】
学年進行に合わせて、基礎力から展開力を育成する科目を順次履修できるように配置する。

【実施に関する方針】
実践知を探求しつつ行動する国際人を育成するため、体系的な知識を身につける学修をするとともに、学外での活動や少人数で能動的に学修をすることを重視する。そのため、在学中に学外(地域・海外)に出て行う演習を必修とするとともに、少人数演習・能動的学修が各学年で実現できるようにする。

>>カリキュラム(学びのイメージ)

学位授与の方針(ディプロマポリシー)

本学部の目的・理念及び教育目標に基づき、学生の学修成果が到達目標に達したと認められる者に、学士(国際政策学)の学位を授与する。

1.全学に共通な学修成果である「学士基盤力」を身につけている。
2.各コース共通の国際政策教養力、能動的実践力、外国語活用能力、専門的問題解決能力を身につけている。
・人文・社会科学分野を国際的視野に立って幅広く理解できる。また、問題解決能力の育成に必要な汎用的技術を修得できる。(国際政策教養力)
・総合的な学修、並びに学生自らの問題意識に応じた学修を、学修の進度に応じて深め、活用する力を修得できる。(能動的実践力)
・英語については、コミュニケーション能力と活用能力を身につけることができる。中国語については、中国を中心としたアジア地域理解のために必要な中国語能力を身につけることができる。(外国語活用能力)
・卒業研究として、学修成果を総合させ、課題を解決することができ、その成果を論文としてまとめることができる。(専門的問題解決能力)
3.各コース分野における「学士専門力」を身につけている。

HOME

TOP PAGE English site 中文网站
アクセス お問合せ 検索